文字サイズ
鈴鹿市立図書館のイメージ画像

修理ボランティア

 私たちのグループは,平成16年に3人で本の修理活動をはじめました。何の知識も技術もない手探り状態での活動でしたが,年々メンバーが増え,みんなが知恵を出し合い,現在では十人を超える大所帯になりました。
 そして,年間1500~1600冊の本を修理するようになりました。これからも,少しでも皆様のお役に立てるよう一同仲良く活動したいと思います。

やりがいを感じるとき

修理した絵本を、子どもが借りて持ち帰るのを見かけたときはうれしく,やりがいを感じます。
また,それがモチベーションになっています。
「壊しても元に戻るんだ」ではなく,本を大切にする気持ちを育んでくれればとの思いからきれいに直すのではなく,あえて直したことがわかる様に工夫もしています。

利用者のみなさんへのお願い

貸出や返却時に本が破れていたり,落書きがしてあるなど,修理が必要だと思うものがあれば,カウンターで一言声をかけてください。すぐに修理をすることができれば手間も時間もかからず,本の負担も減り,長持ちすることにつながります。


※表紙画像のデータはGoogle Booksより取得しています。